JFE溶接棒株式会社
株式会社JKW
製品検索 SDS・PRTR 会社案内へ お問い合せ トップページへ戻る


SDS
GHSに対応したSDS
PRTR排出量等の算出方法
許容濃度に関する付表
溶接材料の製品安全データシート(SDS)は、「JIS Z 7253:2012 GHSに基づく化学品の危険有害性情報の伝達方法ラベル、作業場内の表示及び安全データシート(SDS)」に準じて作成しております。

当ホームページでは、GHS(Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals:化学品の分類および表示に関する世界調和システム)に対応したSDSを掲載しております。

“3.組成及び成分情報”における成分及びそれらの含有量について「労働安全衛生法」と特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の促進に関する法律(化管法、いわゆるPRTR法)では、それぞれ規定されている通知対象物質及びそれらの含有量の表示方法が異なっています。

化管法(PRTR法)の届け出対象となる「指定化学物質の算出方法」につきましては、PRTR排出量等の算出方法をご参照ください。

これに伴い、従来掲載しておりました「労働安全衛生法に準拠したSDS」「化管法(いわゆるPRTR法)」に準拠したSDS」はGHSに対応したSDSに統合しました。「労働安全衛生法」及び「PRTR法」で規定されている通知対象物質“3.組成及び成分情報”に記載しておりますのでPRTRの把握・届出にご利用ください。

なお、製品安全データシートは、製品の安全な取扱いを確保するための「参考情報」として、作成時点で当社の有する情報を、製品を使用される方に提供するものです。製品を使用する方は、この情報に基づいて自らの責任で適切な処置を講じることが必要です。したがって、製品安全データシートは製品の安全を保証するものではありませんのでご了承ください。

プライバシーポリシーお問い合せ Copyright JFE溶接棒株式会社